2014年04月30日

葛飾北斎

◎{葛飾北斎(1760〜1849):浮世絵師

 
2014年04月30日

葛飾北斎.jpg北斎漫画.png


代表作に『富嶽三十六景』『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家です。

富嶽三十六景 神奈川沖浪裏.jpg赤富士.jpg甲州石班沢.jpg

森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。若い時から意欲的であり、版画のほか、肉筆浮世絵にも傑出していた。しかし、北斎の絵師としての地位は『富嶽三十六景』の発表により不動のものとなっただけでなく、風景画にも新生面を開いた。北斎の業績は、浮世絵の中でまさに巨大な高峰であったが、達者な描写力・速筆は『北斎漫画』の中にも見ることが可能である。更に、読本(よみほん)・挿絵芸術に新機軸を見出したことや、『北斎漫画』を始めとする絵本を多数発表したこと、毛筆による形態描出に敏腕を奮ったこと等は、絵画技術の普及や庶民教育にも益するところ大であった。葛飾派の祖となり、後にはフィンセント・ファン・ゴッホ等の印象派画壇の芸術家を始め、工芸家や音楽家にも影響を与えている。シーボルト事件では摘発されそうになったが、川原慶賀が身代わりとなり難を逃れている。ありとあらゆるものを描き尽くそうとした北斎は、晩年、銅版画やガラス絵も研究、試みたようである。また、油絵に対しても関心が強かったが、長いその生涯においても遂に果たせなかった。1999年には、アメリカ合衆国の雑誌『ライフ』の企画{この1,000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人}で、日本人として唯一86位にランクインした。門人の数は極めて多く孫弟子も含めて200人近いと云われる。

宝暦10年9月23日?(1760年10月31日?)武蔵国葛飾郡本所割下水江戸本所割下水。現東京都墨田区の一角)にて貧しい百姓の子として生を受ける。姓は川村氏、幼名は時太郎。後、鉄蔵と称す。通称は中島八右衛門
 明和元年(1764年)4歳幕府御用達鏡磨師であった中島伊勢の養子となったが、後に実子に家督を譲り家を出る。その後、貸本屋の丁稚木版彫刻師の従弟となって労苦を重ね、実家へ戻る。この時、貸本の絵に関心を持ち、画道を志す
 安永7年(1778年)18歳浮世絵師勝川春章の門下となる狩野派や唐絵西洋画等あらゆる画法を学び名所絵(浮世絵風景画)、役者絵を多く手がけた。また黄表紙の挿絵等も描いた。この頃用いていた号は{春朗}であるが、これは師春章とその別号である旭(きょく)朗(ろう)井(せい)から1字ずつもらい受けたものである。
 安永8年(1779年)19歳役者絵瀬川菊之丞 正宗娘おれんでデビュー
 寛政6年(1794年)34歳勝川派を破門される。理由は、最古参の兄弟子である勝川春好との不仲とも、春章に隠れて狩野融川に出入りし、狩野派の画法を学んだからとも云われるが真相は不明である。ただ融川以外にも、堤等琳についたり、『芥子園画伝』等から中国絵画をも習得していたようである。
 寛政7年(1795年)35歳、{北斎宗理}の号を用いる。
 寛政10年(1798年)38歳、{宗理}の号を門人琳斎宗二に譲り、自らは{北斎}{可侯}{(とき)(まさ)}を用いる。
 享和2年(1802年)42歳狂歌絵本『画本東都遊』刊行開始
 文化2年(1805年)45歳、{葛飾北斎}の号を用いる。
 文化7年(1810年)50歳、{戴斗}の号を用いる。
 文化9年(1812年)52歳、秋頃、名古屋の牧墨僊邸に逗留、その後、関西(大坂・和州吉野・紀州・伊勢等)方面へ旅行する。
 文化11年(1814年)54歳『北斎漫画』の初編を発刊
 文化14年(1817年)57歳、春頃、名古屋に滞在。10月5日、名古屋西掛所(西本願寺別院境内にて120畳大の達磨半身像を描く。年末頃、関西(大坂・伊勢・紀州・吉野等)へ旅行する。この時、春好斎北洲が大坂にて門人になったとされる。
 文政3年(1820年)60歳、{為一}の号を用いる。『富嶽三十六景』の初版は文政6年(1823年)63歳に制作が始まり、天保2年(1831年)71歳に開版、同4年(1833年)73歳に完結する

葛飾北斎2.jpg

 天保5年(1834年)74歳、{画狂老人}{}の号を用いる。『富嶽百景』を手がける

北斎3.jpg信州小布施龍図.jpg

 天保13年(1842年)82歳 、秋初めて信濃国高井郡小布施の高井鴻山邸を訪ねた。この時、鴻山は自宅に碧漪(へきい)(けん)を建てて北斎を厚遇した

 鳳凰.jpg

 天保15年(1844年)84歳信濃国は高井郡小布施に旅し、嘉永元年(1848年)88歳まで滞在『怒涛図』等を描く

昇り龍.png八方睨み鳳凰図.jpg

 嘉永2年4月18日(1849年5月10日)89歳江戸浅草聖天町にある遍照院(浅草寺の子院)境内の仮宅で没する。辞世の句は「人魂で 行く気散じや 夏野原」であった。

葛飾応為.jpg

〔葛飾応為(娘)作〕


★参考サイト⇒

参考サイト1:こちらです。

参考サイト2:こちらです。

参考サイト3:こちらです。

参考サイト4:こちらです。

 



posted by 心野琴線 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

パラレル宇宙

◎{パラレル宇宙

2014年04月21日

パラレル宇宙.jpg

{【宇宙の存在別のパラレル平行宇宙からのホログラムであるという研究結果が発表されています}という記事をネットで見つけました。こちらのサイトです。)

ホログラム}とは云っても、これは宇宙のある1点から発せられた光源によって宇宙が照らされていることを意味しているのではなく、すべての物質を説明する理論である{ひも理論弦理論)}および超ひも理論超弦理論)}を説明する概念となっています。

パラレル宇宙2.jpg

すべての物質の中には振動する極めて小さなエネルギーの糸が存在するというひも理論超ひも理論)}、<アインシュタインによる一般相対性理論量子力学が直面する矛盾を解決することが出来る理論の一つと云われていますが、まだその仮説は証明されるに至っていません。{超ひも理論}における重要な概念を発見したことで知られている{フアン・マルダセナ教授}が1997年に発表した論文では、{極めて小さな振動するひもによって生み出されるエネルギーである重力高度な物理学の観点によって説明される}という仮説を発表しました。

ひも}は通常の理解をはるかに超える{10次元に存在するもの}ですが、実際には{より低次元で重力の存在しない別の宇宙から届くホログラムであるというマルダセナ教授の仮説、50年以上にわたって現代の科学の謎とされて来た<{一般相対性理論量子力学の矛盾を解決するものとして多くの関心を集めることになり、世界中で研究が行われて来ました。

パラレル宇宙4.png

2013年11月茨城大学の百武慶文准教授}を中心とする研究チームは、主に物理学等の論文をアーカイブするウェブサイトであるarXiv.orgで{2本の論文を発表しました。その論文の中では、{ひも理論}と出現と消滅を繰り返す{仮想粒子}による予測を元にした{ブラックホール内部のエネルギー重力が存在せずより低い次元のパラレル宇宙のエネルギー}についてコンピューターによるシミュレーションを行ったところ、両者の結果がぴったりと一致したとのこと、これは{マルダセナ氏の仮説を裏付けるものとなりました

マルダセナ教授はこれらの研究結果について、{【シミュレートされた2つの宇宙モデル、【実際の宇宙とは異なるものであるとしながらも、その数学的に検証された内容は{【我々の宇宙の重力的プロパティ将来において純粋な量子論の観点に立ったよりシンプルな体系によって説明される日が来るという希望を抱かせるものだ}とその意義について語っています。文字通り非常に次元の高い研究となっていますが、{宇宙の存在の起源}を明らかにするものとして興味深いところです。

パラレル宇宙3.jpg

インフレーション宇宙論}によると{宇宙の始まりに起きた急激な膨張;インフレーションを引き起こしたエネルギーはビッグバンによりその大半が物質に変換されたが、{量子ゆらぎによりエネルギーの幾つかは物質化されずに宇宙のあちこちに取り残されておりこれが更にインフレーションを引き起こすことで宇宙が多数の子宇宙を創造し更に子宇宙がより沢山の孫宇宙を創造してを繰り返すことで宇宙が際限なく生まれ続ける様がマルチバースである。この場合、<{宇宙の基本法則<{親宇宙子宇宙で変化しない>ので双方に生命の存在する可能性がある、ただしこれら{マルチバース}の間で物質や情報を行き来させることが可能かどうかは分かっていない。

宇宙の大きさ}は有限かそれとも無限かどうかは科学者の間で今でも意見がわかれている。だがもし{宇宙の大きさが無限だとすると、例えば{地球を構成するすべての素粒子の位置・速度・量子状態が全く同じもう一つの地球が存在し得る可能性がある}、ただしこれら2つの{地球}は光速より速いスピードで遠ざかっているので互いを観測することは不可能であり、更に{量子力学の確率的な作用}により今は全く同じ状態の2つの{地球}も長期的には全く違う運命をたどることとなる。

パラレル宇宙5.jpg

究極の物理理論候補の一つである超弦理論}{M理論(現在知られている5つの超弦理論を統合するとされる11次元【空間次元が10個、時間次元が1個】の仮説理論である)}によると、{我々の宇宙は11次元の超宇宙に張り付いた三次元のである}と説明する、そして我々の宇宙以外にもおびただしい数の膜宇宙が原子数個程の間隔を空けて隣り合っている、ただしこれらの【膜宇宙は必ずしも三次元である必要はなくまた基本法則も全く異なるため、我々と同じようなタイプの生命体が存在する可能性は極めて低い。
 これら多数の膜宇宙重力によって互いを引き合っている}が、そのバランスが崩れると互いに衝突しておびただしいエネルギーを放出し、これにより{インフレーション}が発生して新たな{宇宙}が創造されるという。
 これら【膜宇宙の間は通常の素粒子は行き来することが出来ない、何故なら{通常の素粒子は両端のある開いたひも}であり、その両端は【膜宇宙】に束縛されているからだ。だが重力の量子である{重力子だけは例外である。{重力子リング状の{閉じたひもであり、【膜宇宙に束縛されていないのでおびただしい量の重力子超宇宙に漏れ出して隣の膜宇宙に流れ込んで行く。実際に隣の膜宇宙由来と思われる見えない重力源が銀河団を引っ張っている様子が観測されており、これらは{暗黒物質ダークマター)}{暗黒エネルギーダークエネルギー)}にならって{暗黒流動ダークフロー)}と呼ばれている。もしかしたら遠い未来、{重力波を用いた望遠鏡が開発されれば隣の膜宇宙の様子を観測出来るかもしれない


 
★参考サイト⇒

参考サイト1:こちらです。

参考サイト2:こちらです。

参考サイト3:こちらです。




posted by 心野琴線 at 00:00| Comment(0) | 神秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

セルロースナノファイバー


◎{セルロースナノファイバー鋼鉄のように強い植物由来の材料を研究する
京都大学生存圏研究所生物機能材料分野教授 矢野浩之

2014年04月15日

矢野浩之.png

鋼鉄の約5倍の強度で熱にも強い、なのにプラスチックのように軽く透明にもなる、そんな万能にして魔法のような素材(夢の万能素材)が生まれた。家電製品から車のボディまであらゆる工業製品の部材になる可能性を秘めているが、驚くのはその原料、なんと{植物}から出来ているのだ。

ギター.png

信州・長野で緑の木々に囲まれて育った矢野はバイオリンなど楽器に使われる木とその音質について研究をしていたが、ある台風の日に激しい風雨にも負けず立ち続ける木々の姿にハッとした、『木は楽器になりたいんじゃない』、自然の木が持つ本来の力を活かす研究に踏み出した

セルロースナノファイバーとは、{全ての植物細胞の基本骨格を成しているもの}で、{ナノの繊維}が{セルロースナノファイバー}です。{生物が作り出す資源バイオマスと言いますが、地球上には{バイオマス{約1 兆8,000 億トンある}と言われています。{埋蔵が確認されている石油}が{約1,500 億トン}と言われていますから、{石油の10 倍以上の資源量となります。生物は動物・昆虫等様々ですが、量として圧倒的に多いのは植物です、地球上のバイオマスの99.99%は植物で、その内の92 〜 95%は樹木です、そして樹木の半分がセルロースナノファイバーですので、この地球上にはセルロースナノファイバーが1 兆トン近くあると言われています。(矢野浩之)

セルロースナノファイバー.jpg

樹齢何百年といったような樹木は高さが数十メートルにもなりますので凄く重いわけです、それが重力に逆らって倒れなくて、風が吹いても折れないのは、細胞が{セルロースナノファイバー}で出来ているからです。{セルロースナノファイバー}は、{鋼鉄の5分の1 の軽さ}です、{弾性率}は大体{鋼鉄の3 分の2程度}なので鋼鉄の様に変形しにくいのです、更に{強度}で云うと{鋼鉄の8 倍くらい}あります、軽くて強くてしかも{熱による伸び縮み}も{ガラスの50 分の1 }と小さいのです、{セルロースナノファイバー}はこれだけ{高性能でしかも環境負荷が少なく資源的にも豊富で質・量共に優れています}、この{セルロースナノファイバーを用いて新しい材料を作りましょう}というのが{私達が取り組んでいる仕事}です。{セルロースナノファイバーを用いた材料の肝}は、{優れた価格競争力(一番コスト・労力がかかるところを生き物がやってくれています)}をいかに最後の部品のところまで維持出来るかにかかっている}と思っています、私達はその観点で色々材料開発のプロジェクトを立ち上げて取り組んでいます。(矢野浩之)

紙の表面平滑化、紙力増強に{セルロースナノファイバー}を利用する研究や、人工血管・人工腱・人工軟骨等の医療用途でも研究が進められています。その他にもフィルター素材、二次電池のセパレーター等、世界中で数多くの研究が行われています。そしてセルロースナノファイバーの特性を生かした{透明材料:プラスチックの様にフレキシブルでありながら、ガラスの様に熱による伸び縮みが小さく、熱伝導率もガラス並みに高い、そしてその材料を基板に用いた有機EL 発光素子を三菱化学・パイオニア・日立製作所・ローム・NTT 等との共同研究によって開発し、2005 年2 月に新聞発表しました。また、2010 年1月から三菱化学と王子製紙が事業化に向けた研究開発を行っていますを私達が世界で初めて開発しました(矢野浩之)

もう一つ私達が取り組んでいる分野として{構造材料}があります、{構造材料}の中でも特に{自動車用途}に一番力を入れています。(矢野浩之)

★{用途開発}を進めてどんどん{用途特許}を取って行くのと並行して{用途開発}を支える{基盤技術の開発}も更に強化する、これを短期間で実行しないと海外に負けてしまいます。(矢野浩之)

日本は、国土の約7 割が森林で覆われている世界的に見ても珍しい森林国です。その日本の持っている森林資源を使って、高性能の材料を作って、それを海外に輸出するのが、これからの一つの産業の在り方だと思っています。(矢野浩之)


 
以下に、{矢野浩之氏の言葉をいくつかご紹介します。

 
自然の力を借りて、{日本を資源大国に}!


材料の内の99.9%は植物が既にやってくれている}、{残りの0.1%を人間の知恵を一所懸命出すことで材料としての形に変えて行く}、{セルロースナノファイバーとはそういう材料です


セルロースナノファイバー、{宇宙での太陽光発電にも活用出来る}。


 
★参考サイト⇒

参考サイト1:こちらです。

参考サイト2:こちらです。

参考サイト3:こちらです。

参考サイト4:こちらです。

参考サイト5:こちらです。


 

posted by 心野琴線 at 00:00| Comment(0) | 匠の技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。